少人数で行う葬儀とは

葬儀の特徴について

葬儀会場

家族葬は、家族が葬儀に来てほしい人を限定する葬儀のことで、親族と故人と特別親しくしていた友人に参列してもらいます。
家族葬を行う場合は、個人の生前の付き合いなどを考慮して参列をお願いすることが大切です。
故人と付き合いがあっても参列をお願いしない方には、家族葬で見送ること、亡くなった日時、香典や弔電などは辞退することを伝えます。
家族葬に参列して欲しい方については、あらかじめ家族と相談し決めておくと良いでしょう。
参列者が10人以下程度の場合は柏原の葬儀会場と日時を電話で連絡します。
それ以上の場合は、通知はがきなどを出して知らせ、返礼はがきの準備もしておきます。
これらの準備については柏原の業者が代行してくれます。
一般的な家族葬では通夜と告別式を行いますが、柏原では通夜を行わない方もいます。
家族葬は家族の希望で内容を変更することも可能ですから、業者に希望を伝えておきましょう。
家族葬を依頼するときは、複数の業者に相見積もりを取って決めます。
葬儀費用とサービス内容は、同じ金額でも内容が異なります。
金額に左右されず、自分に必要なサービスを行っている柏原の業者を選ぶことが重要です。
一般葬では、たくさんの参列者がいて慌ただしい雰囲気の中で葬儀が行われ、家族の負担も多くなってしまいます。
しかし、家族葬は、親しい人だけなので落ち着いて葬儀ができるメリットがあります。
ゆっくりと葬儀をしたい方は家族葬を検討してみましょう。

家族と故人のための葬儀

女性

死というものは、誰にでも訪れます。
大切な人が亡くなってしまうという事も必ずやってきます。
しかし、誰もがそれを考えずに日常生活を過ごしています。
そのため大切な人が亡くなってしまうと、どうしてよいのかわからなくなります。
しかし遺族は、悲しんでいる暇もなく、どんな葬儀をするのかすぐに決めなければなりません。
ただこんな状態だから、業者さんの言いなりになり、形式を重んじる葬儀を選択しがちです。
また葬儀を知らせる事で、近所の方や仕事関係などたくさんの方が来てくれます。
それは嬉しい事ですが、形式を重んじて葬儀が大きくなればなるほど、遺族は雑用に追われます。
お金もかかります。
その結果、葬儀が終ってから後悔することになります。
葬儀は、故人と遺族のものです。
故人と納得のいくまでお別れをする事が大切です。
そして、遺族が次の一歩に踏み出すための大切な儀式です。
そのため本当に親しい人と自分のやりたい葬儀をする事が重要です。
そこで柏原の家族葬をおすすめします。
柏原の家族葬は、小さな葬儀です。
そのため、自分のやりたい葬儀をする事が出来ます。
少人数の葬儀なので、誰にも気を使うことなく、納得のいくまでお別れをする事が出来ます。
また柏原の家族葬は、小規模のため良心的な価格です。
安価であると不安に思う方がほとんどです。
しかし必要な物は全て入っているので安心です。
見た目や世間の常識にとらわれてしまい、高額な葬儀をする方がいます。
しかし遺族には、葬儀の後に生活があります。
柏原の家族葬なら高額なお金を使わなくても、心のこもった後悔のない葬儀が出来ます。

古くは一般的な自宅葬

数珠

柏原市は奈良県に接した市の1つです。
大阪府の端に位置する柏原市では、以前お葬式は自宅で執り行うのが一般的でした。
柏原市だけでなく全国どこでも、お葬式は自宅で執り行うものだったのです。
ご近所の方に炊き出しを頼み、自宅にご遺体を安置して通夜から葬儀、出棺まで全てを自分の家で行っていた時代もありました。
ですが、自宅葬はライフスタイルの変化によって、急激に少なくなったのです。
柏原市でもお葬式は葬儀場や、セレモニーホールで執り行うというケースが多くなっています。
お葬式は葬儀場・セレモニーホールで執り行われるようになったのは、参列者の数が多くなったからと考えられています。
一般葬の場合、故人と関係のあった方が多く訪れるので、100名以上の弔問客になるケースも少なくありません。
この数を自宅で対応するのは無理があります。
ただ、家族葬ではどうでしょう。
家族葬は文字通り、家族と親族のみが参列する近年、増えている葬儀スタイルです。
家族・親族のみであれば参列数が少ないので、自宅で家族葬を執り行えます。
自宅で家族葬を執り行うメリットとしては、やはり費用を抑えられるという点が挙げられます。
葬儀場・セレモニーホールへ支払う費用が発生しないので、葬儀費用を大幅に抑える事が出来るのです。
ご遺体を安置する場所と、家族・親族が座れるスペースがあれば自宅で、家族葬を執り行えます。
以前に比べ少なくなってきた自宅での葬儀ですが、家族葬の普及によって増えつつあるようです。