【少数で行なう葬儀】家族葬の特徴を事前にリサーチ

葬儀に費用をかけられない

少しでも費用を抑えるには

葬儀会場

葬儀には平均で180万円ほどの費用がかかると言われています。
この金額はあくまで平均的な価格ですが、残された家族の経済状況によってはそこまでの費用をかけられない場合があります。
そんな時に利用したいのが「家族葬」です。
家族葬は、親族や家族、友人など親しい人に限定して葬儀を行います。
一般的に葬儀は規模を大きくすればするほど費用も高くなるので、家族葬にすることによって、費用を抑えることができます。
家族葬では参列者が50名ほどであることが多く、費用相場も50万円ほどです。
普通の葬儀と同じように、通夜や告別式を行うことができます。
しかし、家族葬ならどこの業者でも価格が同じというわけではありません。
柏原市内でも家族葬を行える業者はありますが、やはりそれぞれに価格は違います。
価格が同じでも葬儀に必要な物品が含まれていない場合もあるので注意が必要です。
ですから、葬儀を行う時は柏原市内の中でもいくつかの業者の価格を確認しておきましょう。
柏原市内の業者には、実際に訪問してくれて家族葬の内容と、価格の内訳を説明してくれるところもあります。
その際に、具体的にサービスや必要な物品が、価格の中に含まれているかどうかを確認しておきましょう。
含まれていない場合、追加料金が発生するかどうかも必ず聞いておくべきです。
また柏原市内でお世話になっているお寺がない場合、業者が手配してくれることもあります。
その場合でも、少しでも安いお寺を手配してもらうことで、費用を抑えることが可能になってきます。

代表者決定の方法

女の人

現代では、家族や親戚といった身近な人たちで行う家族葬が注目を浴びています。
儀礼的な挨拶などが省略される柏原の家族葬ですが、喪主は必要です。
代表者として葬儀のあらゆることを決めて行く役割があります。
柏原で家族葬をする際には、まず喪主を決めます。
喪主を選ぶのに決まったやり方はなく、慣例に従い皆で話し合って決めます。
この時、最優先したいのは遺言です。
もし遺言で指定されていたら、故人が希望していたことなので一番に尊重します。
遺言がない場合、柏原での家族葬では、故人の配偶者が喪主になるのが自然な流れです。
しかし、喪主には家族葬を取り仕切る仕事があるため、高齢者だと難しい場合があります。
そういった際には、血縁関係の中で故人との関わりが深かった人を選びます。
例えば子供や兄弟の中で、喪主の役割を果たせる人です。
子供の場合、長男次男の順に喪主が決まることが多くなっています。
もし男子がいなければ、長女次女の順に決められることもあります。
しかし決まりはないため、親族が納得できるよう話し合って決めます。
次に、故人に血縁者がいない場合です。
そのような時には、故人の親しい友人や知人が喪主になることもできます。
また喪主は一人とは限らず、複数で行うこともできます。
以上のように、柏原の家族葬では喪主の決め方に絶対的なものはありません。
故人との縁が深く、葬儀を滞りなく仕切っていける人を、出席者みんなが納得できるよう選ぶことが一番です。

火葬だけでも可能

数珠

柏原で家族葬を希望するとき、葬儀社、斎場、火葬場のどれから決めたらいいかわからないと思う人もいるでしょう。
葬儀社とは、通夜や告別式などの準備や斎場、火葬場の手配全般を行う会社のことです。
斎場は自宅で告別式や通夜が出来ないときに借りる場所のことで、民間のものと公営のものがあります。
火葬場は遺体を火葬するための場所で多くは公営ですが、斎場と一緒になっているところもあります。
柏原では基本的に火葬場と斎場は分かれています。
家族葬を行う場合、通夜や告別式を行うかどうか、自宅に遺体を安置できるかどうかで決め方は変わってきます。
家族葬に限らず、葬儀を進めるときは葬儀社から決めるのが一般的ですが、極力費用を抑えて葬儀をあげたいのならば火葬場だけ予約して最低限の設備を借りるという手もあります。
ただ、柏原ではそうした火葬のみのプランを請け負う葬儀社もあるため、葬儀社を通して斎場や火葬場を予約するのが一般的です。
家族葬は家族やごく親しい親族のみであげる式のため、大規模な斎場は必要ありません。
ですが、近年は自宅に遺体を安置できないこともあり、火葬までの間安置できる場所を借りる必要があることも多いです。
そうなると、安置した場所で家族葬を行い、火葬してもらうのが費用的にもお得になります。
安置のみの場所を提供しているところも柏原にはありますが、斎場と一体化しているところが大半です。
いずれにせよ、こうしたことは事前に調べておき、見積もりなどもとっておく方がおすすめです。