【少数で行なう葬儀】家族葬の特徴を事前にリサーチ

親族だけで行う葬儀

費用を軽減できるのも利点

式場

柏原では一般の葬式ではなく、家族葬を選択するケースが目立ってきました。
通常の葬式では、近所や会社の人が受付や参列者の接待を行うこともあります。
平日なら会社や学校を休んで葬式に参列することになります。
これらは故人の家族にとってはとてもありがたいことですが。
負担に感じることも多いのです。
それに柏原では葬儀後に挨拶まわりやお礼状などを出さなければなりません。
葬儀が終わったからといって体を休める暇もない場合も多いのです。
その点家族葬は、親族だけやごくわずかの知人や友人を集めて行います。
気心の知れた人だけなので余計な気遣いはいりません。
柏原の家族葬は少人数で行うため自宅で葬儀をすることもあります。
葬儀社で行う場合は家族葬用の小ホールや祭壇が用意されています。
家族葬が増えたため葬儀社ではプランや小ホールの数も増えています。
小規模な葬儀なので費用も一般の葬儀より低めの金額ですみます。
柏原で家族葬をする場合、町内会など関係者には事前に家族葬をすることを伝え、参列などを断ります。
また葬儀後に家族葬をしたことを伝える場合もあります。
また誰にも伝えず、新聞などの死亡欄への掲載も断るケースも増えてきました。
家族が亡くなった時の親族の悲しみは計り知れないものがあります。
その最中に大勢の人が参列する葬儀をするのは大変なことです。
葬儀費用を捻出するために借金をしてしまう人もいます。
家族葬なら予算に応じた葬儀をすることが可能です。

様々な場所があります

合掌

故人をお見送りする儀式としての葬式は、以前は多くの人を呼んで悲しみを共にすることが主流でしたが、最近では家族や親類のみでお見送りする家族葬が多くなっています。
比較的経費が安いことや手間が省けるといったことがその背景にあります。
家族葬は一般的には葬儀屋で執り行われますが、葬儀屋でないといけないといったルールはありません。
事実、最近では葬儀屋のほかに寺院や神社、教会で執り行われることも少なくありません。
宗派や故人とのつながりにより、葬儀屋以外のこうした施設での家族葬が多くなっています。
また費用面においても一般の葬儀屋で実施するよりもこうした施設で実施した方が安いといった点も特徴としてあります。
大阪府にある柏原市もそうした傾向を持つ地域の1つで、柏原市には葬儀屋のほか寺院や教会でも家族葬が多く行われています。
柏原市においては6割が家族葬を葬儀屋で実施、残り4割が寺院や神社、教会で実施されており、他の地域に比べますと葬儀屋以外での実施率は高くなっています。
これは上記の特徴のほか、柏原市内には多くの神社仏閣があることと、葬儀場所にこだわらないといった市民の意識が他の地域に比べて高いことなどが理由として挙げられます。
このように近年における葬式のスタイルが家族葬へと大きく様変わりをし、また主流となっている家族葬においてもその実施場所において変化が生じてきています。
こうしたことから故人をお見送りする場所の選定が今後ますます重要となります。

葬儀を生前に整える

花

人生の終焉が何時なんどき訪れるかはわかりません。
ある程度の年齢に差し掛かると、身の回りをシンプルにしたり、自分が亡くなった後の手配について事前に準備をしておいた方がトラブルを避けることができます。
葬儀は亡くなったとたんに必要になりますから、残された家族に任せきりにするよりも、生前にどのようにするかの道筋を決めておいた方が安心といえます。
そこで柏原で生前に家族葬の予約をしておきましょう。
まだ先のことだからこそ柏原でじっくりと家族葬をどの総裁業者でするかや、詳しい内容についても調べることができます。
また柏原で催すことになる家族葬の費用を準備し始めることで、いざというときに残された家族に急な出費で迷惑をかけなくて済みます。
生前に柏原で家族葬の準備を整えておくと、本人も何時なんどきでも家族に迷惑をかけることがないというゆとりを持つことができます。
残された家族も生前に周到に準備をしてくれていたことでスムーズに葬儀がはかどり、別れの時間をゆっくりと持つことができ、感謝の気持ちを持ち続けてくれるはずです。
人生の終わりをどのようにするかでその人のあり方がとてもよくわかります。
しかし、全ての業者が家族葬に対応しているとは限らないので、まずはHPで対応可能な業者か調べておきましょう。
業者の評判が知りたい方は、口コミサイトを参考にするといいでしょう。
実際に葬儀社に葬儀を依頼した方が投稿しているので、細かなサービスの評価まで把握できます。